イントラレーシックとは:しかし、イントラレーシック手術を手術給付金の...

しかし、イントラレーシック手術を手術給付金の支払い対象外としている生命保険会社も、増えてきています。
イントラレーシック手術に対し、手術給付金を支払い対象としている保険会社でも、「以前から視力矯正を行っていた」ということで、支払い対象外とする保険会社がありました。

イントラレーシック手術は、一般的に18歳から60歳までと言われていますが、手術を受けたいと願っても、20代までは近視の場合は進行している最中なので、病院や医師によっては断られるケースもあります。
40歳くらいになると老眼が始まっている場合もあります。
老眼が始まっている方は、手術を受けても効果が薄いので、そのことを知らずに手術を受けてしまった場合には、デメリットとして言われてしまうでしょう。
イントラレーシック手術を受ける日の2週間前からコンタクトレンズの着用を制限されます。
その不自由さをデメリットと感じる方もいるかもしれませんね。

イントラレーシックに掛かる費用は高額なので、手術費用もそうですが、給付金のことについても先に生命保険会社に問い合わせておくと安心でしょう。

イントラレーシックは、レーザーを使うので組織反応が強くなり、フラップの手術した箇所が強く混濁してしまうことが、デメリットとして指摘されています。
角膜がレーザーのエネルギーにより、融解現象「角膜メルティング」を起こしたという例が、イントラレーシックのデメリットとして報告されています。