イントラレーシックとは:イントラレーシックの術後は眼を清潔な状態で保...

イントラレーシックの術後は眼を清潔な状態で保たなくてはいけないため、1週間くらい保護用の眼鏡やサングラスを着用するよう勧められます。
花粉やほこりなどの異物が眼に入らないようにするためです。
イントラレーシックの術後数日間は、感染症に注意することも必要なので、外出はなるべく控えた方がいいでしょう。

イントラレーシックの手術後、再度近視が戻ってしまい再手術を受けた方もいますが、ほとんどのケースは回復します。
イントラレーシック手術の後に起こるハロ現象やグレア現象が数ヶ月経っても治まらない場合には、再手術でかなり改善することができます。
イントラレーシックの手術後の視力回復には個人差があるため、自分の希望通りに回復できず、再手術を希望する人もいます。

イントラレーシックの術後は、たばこ・酒なども3〜4日控えなくてはいけません。
勤めている仕事の内容によっては、イントラレーシックの術後は、1週間ほど休まなくてはいけない場合もあります。
イントラレーシックの術後は、見え方になれるまで、夜間の運転などは控えるよう、医師から注意されます。

イントラレーシック手術を受けた後、0.7以上の視力まで回復している場合は、再手術をした場合の危険性を考慮し、再手術を勧めない医師もいます。
3ヶ月後に行う再手術は、フラップをもう一度剥がしてレーザーを照射し矯正しますが、追加矯正なので、一度目と同じようにはできません。

それでも、イントラレーシックはレーシックに比べるとハロ現象の発生数は、大幅におさえられました。