イントラレーシックとは:イントラレーシックを受けた後、視力が思うよう...

イントラレーシックを受けた後、視力が思うように回復しない場合の、費用などの保障が充実している眼科医は、信頼性・安心性が高いと言えます。
眼科医によっては、イントラレーシック手術の前にカウンセリングを行い、まずはコミュニケーションを図ることから始めるという病院もあります。
イントラレーシック手術は、その眼科医によって費用に幅があるので、そちらも眼科医を選ぶ際に調べておくといいでしょう。
イントラレーシックを受ける眼科医を選ぶにあたり、通いやすさ・交通費の面を考えると、立地条件も大切になりますが、最新の手術なだけに、県によってはイントラレーシックを行う眼科医が無い場所もあります。

就寝時は無意識に眼を擦ってしまい、異物が入りやすいので、イントラレーシックの術後1週間程度は、保護用のカバーを使用する必要もあります。
イントラレーシックの術後に着用する眼鏡・サングラス・眼の保護用カバーは、眼科医により無料でもらえるかまたは貸し出しとなる場合があります。

イントラレーシック手術は、エキシマレーザーを照射して角膜の屈折を調節しますので、角膜の厚さも十分に確保できることから、稀に受けられないケースもありますが、一般的には再手術も可能です。
しかし、そこにはリスクがあるため、眼鏡やコンタクトレンズを買い替えるように気軽に行える手術ではありません。