イントラレーシックについて:イントラレーシックの術後は、たばこ・酒な...

イントラレーシックの術後は、たばこ・酒なども3〜4日控えなくてはいけません。
勤めている仕事の内容によっては、イントラレーシックの術後は、1週間ほど休まなくてはいけない場合もあります。
イントラレーシックの術後は、見え方になれるまで、夜間の運転などは控えるよう、医師から注意されます。

イントラレーシック手術は、エキシマレーザーを照射して角膜の屈折を調節しますので、角膜の厚さも十分に確保できることから、稀に受けられないケースもありますが、一般的には再手術も可能です。
しかし、そこにはリスクがあるため、眼鏡やコンタクトレンズを買い替えるように気軽に行える手術ではありません。

イントラレーシックの後遺症や合併症として、「ハロ現象」・「グレア現象」という、レーシック同様の現象が起こる場合もあります。
レーシック・イントラレーシックの後遺症や合併症と言われる「ハロ現象」は、夜間や街頭の明かりを見た時に、光がぼんやりと霧がかかった様に見える状態を言います。
イントラレーシックの後遺症や合併症により、数ヶ月は、光が今までよりも眩しく感じるようになるケースが多いと言うことです。

再手術をウエーブフロントで行う病院もありますが、手術によって引き起こした収差を打ち消すために、ウエーブフロントは有効ではないとも言われています。
再手術ができない場合、以前のようにコンタクトレンズをつけようと思っても、手術前とは角膜の形状が異なるので、ハードレンズは合うものが少なく、ソフトレンズでも以前と同じような装用感は得られません。

イントラレーシックの後遺症や合併症として、近くの文字を読もうとした時、老眼と同様の症状を感じる場合があります。
後遺症や合併症を起こした例で、イントラレーシック手術の後、炎症反応を起こしたという例もありました。
イントラレーシックの後遺症や合併症と言われているハロ現象・グレア現象ですが、レーシックと違い、手術後1週間から3ヶ月程度で治ります。